人民元で「通貨戦争」も=投機筋、中国連休で売り攻勢か

【香港時事】中国と香港の外国為替市場が6日から春節(旧正月)の連休に入ったのに伴い、ヘッジファンドなどの投機筋が海外(オフショア)市場で人民元の売り攻勢を強めるとの観測が強まっている。
 元の取引高が落ち込む期間を狙えば相場を元安方向に大きく動かせる可能性があり、元防衛を掲げる中国人民銀行(中央銀行)に対する「通貨戦争」(先物取引大手)との声もある。
 3日のオフショア市場では元相場が1米ドル=66507元に急落。人民銀が毎営業日設定する基準値の上下2%以内に変動が制限されている本土市場との差は、1カ月ぶりの大きさまで拡大した。4日付の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、先物取引大手、東盛期貨の幹部は「通貨戦争が始まったようだ。ファンドが動きだした」と指摘した。
 春節で中国本土は14日まで、オフショアで最大の香港市場は10日まで休場。人民銀も休みとなり、元を買い支える動きが鈍るとみられる。一方、ロンドンなど他のオフショア市場は通常の取引が続く。先の東盛期貨幹部は「香港の休場中に他のオフショア市場で(元売り)攻勢が強まる公算が大きい」と語った。

 

 

上海漢院中国語学校

「淮海校区」

上海市黄浦区皋兰路28号
 TEL:+86-21-53067271

hanyuan@jicsh.com

 

「中山公園校区」

 上海市江苏路121号

  中锐教育中心13A

TEL:+86-21-62418767

hanyuanzs@163.com

 

 

上海中国語学校漢院

双方向型中国語学習メルマガ、

購読は無料です!

中国語学習メルマガは数多くあるけれど、日刊HSKは他のメルマガとは一味違う!上海の語学学校のノウハウを生かして、読者の方への一方的な配信ではなく問題の回答を受付・返信までを行っています♪
すでに始めている5,000人以上の読者さまとの濃い繋がりをモットーに発行しています。

内容はコチラ↓↓

▼基礎文法問題
▼HSKの問題

▼HSKのリスニング問題

▼初級書き取り問題


※メールマガジンの配信は、「まぐまぐ!」のメールマガジン配信システムを利用しています。
上記フォームからご登録いただけます!

漢院が配信するメルマガ

漢院のニュースレターは中国語学習、上海情報満載です。登録はこちらから↓

email: