汉院中文小课堂~面面俱到~

 上海人にとって麺料理は「ランチなどで軽く食べるもの」というイメージが一般的。人によっては朝食で食べることもあり、伝統的な麺専門店はたいてい早朝から営業しています。

 

 日本のラーメンとの違い、日本のラーメンが醤油、味噌、豚骨のようにスープがメニュー名になっているのに対し、上海では「上に乗っている炒めものの名前」が麺の名前になっていること。

~上海人好きな美味しい麺~

 

bié kāi shēng miàn 

别开生面

新生面を開く

黄鱼面 huáng yú miàn 

 

 寧波系の麺料理の代表格はこれ。海の魚「黄魚(イシモチ/キグチ)」の炒めものをのせた麺料理です。スープはあっさり醤油味で、黄魚炒めはほんのり磯の香り。「魚の身が入ってる」ということで敬遠する日本人は多いのですが、食べると意外にハマる味。特に有名なのは「阿娘面」の黄魚麺です。阿娘面  ā niáng miàn 」は漢院から左、南昌路の左にあります、漢院から歩いて5分。

bā miàn líng lóng 

八面玲珑

八方美人の

葱油拌面 cōng yóu bàn miàn 

 

 昔から上海にある伝統的な麺料理の一つです。焦がしネギと香味油を和えて食べる麺で、麺料理専門店ではいちばん安くて庶民的なメニューの一つ。醤油ベースなので違和感なく食べられます。たまにすごく食べたくなる味なんですよね〜。

 

dú dǎng yī miàn

独挡一面 

一人前の

冷面 lěng miàn

 

 夏季限定の和え麺といえば冷面。上海の冷麺は、少しだけ酸味の効いた醤油ダレとピーナッツペーストを和えて食べるのが主流。日本の冷やし中華や韓国の冷麺とはまったく違う麺料理なんですよ。

夏の定番のたうなぎ冷面

酱爆鳝丝鳝丝冷面 jiàng bàoshàn sī 

 

上海の麺は具と麺が分かれているため、さまざまな種類があります。

こんなメニューも定番です。麺料理店はメニューの指差し注文が難しい店が多いので、事前に覚えて行くと安心♪

 

miàn miàn jù dào 

面面俱到

至れり尽くせりである

 

蟹粉麺 xiè fěn miàn (蟹味噌炒め入り麺)
蝦仁麺 xiā rén miàn 
(川エビ炒めの麺)
狮子头麺 shī zǐ tóu miàn 
(肉団子入り麺)

香菇面筋麺 xiāng gū miàn jīn miàn 

(シイタケと中国麩炒めの麺)
八宝辣醤麺 bā bǎo là jiàng miàn 

(野菜の角切りの辛口炒めがのった麺)

 

你学会了吗?下次试试上海的各种面吧~

上海漢院中国語学校

住所

 

上海市黄浦区皋兰路28号
 TEL:+86-21-53067271

hanyuan@jicsh.com

 

 

 

 

上海中国語学校漢院

双方向型中国語学習メルマガ、

購読は無料です!

中国語学習メルマガは数多くあるけれど、日刊HSKは他のメルマガとは一味違う!上海の語学学校のノウハウを生かして、読者の方への一方的な配信ではなく問題の回答を受付・返信までを行っています♪
すでに始めている5,000人以上の読者さまとの濃い繋がりをモットーに発行しています。

内容はコチラ↓↓

▼基礎文法問題
▼HSKの問題

▼HSKのリスニング問題

▼初級書き取り問題


※メールマガジンの配信は、「まぐまぐ!」のメールマガジン配信システムを利用しています。
上記フォームからご登録いただけます!

漢院が配信するメルマガ

漢院のニュースレターは中国語学習、上海情報満載です。登録はこちらから↓

email: